WEB制作

情報発信・PR 戦略・コミュニケーション。
WEB 活用を強力にサポート。

製版・印刷業務のノウハウ・経験を活かし、情報発信・PR戦略・顧客とのコミュニケーションなど、広告戦略やB to B・Bto CコミュニケーションツールとしてのWEB活用・WEB制作をトータルにサポートいたします。

売り上げUP 集客UP 知名度UP

ホームページで効果を出したいと、「本気」で考えている方へ

お任せください!!

そのサイトの目的に合わせた企画立案と適切な技術サポートにより、
ホームページを理想とする状態へと導きます。

WEB制作のコンセプト

電子書籍で個人出版・自費出版することによって、 出版される方には以下のような様々なメリットが得られると考えられます。

企画・立案

WEB標準

SEO対策

更新運営サポート

CMS導入

アクセシビリティ

ホームページ企画・立案について

いかにSEO対策やリスティング広告に力を入れ、コストをかけてアクセス数を増やしたとしても、訪れたホームページの内容が訪問者にとって魅力的でなければ、あるいは探している情報が無ければ訪問者はすぐに去ってしまいます。訪問者にとって有用なコンテンツ・魅力的なコンテンツを用意することにより、訪問者を問い合わせや商品の購入など目的とする行動へと効果的に誘導できます。
また、新しい情報を発信し続けることによりファン層の拡大やSEO 効果が期待できますので、コンテンツとして更新しやすい仕組みを用意することも重要です。
当社では、実際に効果が出ることを目的として、コンテンツ内容を重視したサイト構成・企画案をご提案いたします。

WEB(ウェブ)標準とは?

WEB標準とは、WWW (World Wide Web) で利用される技術の標準化をすすめる団体であるW3Cが策定し勧告している規格のことです。パソコンや携帯電話、iPadなど各種情報端末、ゲーム機、テレビなど、多様な端末でなるべく共通した情報提供を行うためには、ホームページをWEB標準に準拠させることが重要です。
また、視覚障碍者が利用する音声読み上げソフトへの対応など、WEB上の情報へのアクセシビリティの面からもWEB標準準拠が望まれます。
さらには、(X)HTML文書の正しい構造化やスタイルシート (CSS) によるレイアウト情報の分離によるファイル容量の軽量化によってSEO対策としてもメリットが大きく、WEB標準への準拠は必須となっています。
次世代規格であるHTML5とCSS3では、外部プラグインに依存することなくよりリッチな表現も可能となり、今後益々その重要性は増していきます。
当社では、新規WEB制作・リニューアル共に、WEB標準での制作を基本としてご提案いたします。

SEO対策について

GoogleやYahoo!、Bingといった検索サイトにおいて、関連キーワードでの検索順位はそのホームページのアクセス数に大きく影響します。通常、検索結果の4位以下のホームページはあまり見られることはありません。少なくとも1ページ目 (10位以内) に入っていなければ、ほとんど意味はありません。
ホームページへのアクセス数を増やすためには、検索エンジン最適化 (Search Engine Optimization = SEO) をホームページに施策することで、検索対象キーワードでの検索順位を少しでも上げることが重要となります。
検索結果への上位表示を図るためには、ページの内容が検索キーワードにマッチしていること、そして、他のホームページからのリンク (バックリンクまたは被リンク) 数が多いことが重要です。バックリンクを増やすためにも、自然とリンクが集まるような魅力的なコンテンツを用意することが望まれます。
また、検索対象キーワードとしてはなるべく検索数の多いキーワードが望ましいですが、検索数の多いキーワードはライバルも多いため、検索結果への上位表示は困難です。さらに、検索者は検索結果に目的とする情報が得られなかった場合、キーワードを追加して複数キーワードでの検索結果の絞り込みを行います。こうした検索者の行動を理解した上で、ホームページの内容にマッチし、かつ検索数がなるべく多く、検索結果への上位表示がしやすいキーワード (またはキーワードの組み合わせ) を選定することが重要となります。
当社では、キーワードの選定からWEB制作段階での(X)HTMLの最適化、バックリンク対策、検索順位チェック、継続したSEOチューニングまで、総合的なSEO対策を行うことが可能です。

ホームページ更新・運営サポート

ホームページは制作して完成ではありません。日々の更新や新しい情報を発信し続けることが重要です。
当社では、ホームページの更新、運営代行、アクセス解析、アクセス解析レポートの報告及び解析データに基づく対策立案・実施まで、総合的にホームページの運営をサポートいたします。

CMS導入サポート

CMSとは、Contents Management System (コンテンツマネージメントシステム) の略で、運営者側で比較的容易にホームページの更新や運用がしやすいシステムのことです。
よく利用されているCMSとしては、Movable Type (ムーバブルタイプ) 、Wordpress (ワードプレス) 、XOOPS(ズープス) 、EC-CUBE (イーシーキューブ) などがあり、システム自体はオープンソースとして無料で利用できるものも多くあります。
CMS導入のメリットとしては、デザイン面をあまり気にせずに運営者側で容易に更新・運用ができること、新鮮で濃い情報提供がしやすいこと、更新・運用コストが抑えられることが挙げられます。
当社では、お客様のご希望・ご要望に合わせて適切なCMSを選定し導入及び運用サポートを行います。

ウェブアクセシビリティ

ウェブ上の情報において、視力の衰えた高齢者の方や視覚障碍者の方も含め、誰もが同じ情報にアクセスできて情報を共有できることが求められています。官庁や自治体、学校、病院など公共性の高いホームページであればなおさらです。より多くの人々に情報が行き届くことは、結果的にホームページ運営者のメリットにもつながります。
当社では、ウェブアクセシビリティへの対応として、JIS X 8341-3:2010(高齢者・障害者等配慮設計指針情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス第3部:ウェブコンテンツ)への対応や視覚障碍者向けの音声読み上げブラウザへの対応など、ご要望に応じてウェブアクセシビリティへの対応を行います。